ジャックラッセルテリアの育て方や飼育の仕方でお困りの方は参考にしてください。

TOP > 関連ページ > 育て方や飼育の仕方

ジャックラッセルテリア専門ナビ

育て方や飼育方法

ジャックラッセルテリアの育て方のコツは、まず遊ぶことが大好き、このことに注目します。

人が好きであれば猫にも愛想がよかったり、小鳥を飼っていると楽しそうに跳ね回ったり、動く動物であればどのようなものでも興味を示すのがジャックラッセルテリアです。

また遊び道具にして活動的なのはいいですが、神経が切り替わって大人しくなると、見向きもしないのも特徴です。きちんとしつければ飼い主に対して従順さを損なうようなことはありませんが、メリハリを持って接することがやはり大切です。

また、ジャックラッセルテリアを室内犬として飼う方が多いですが、周囲の環境に十分に慣れさせてあげることも大切です。

テレビをよく見たり、ラジオをよく聞くのであれば、同じような音量、画面のサイズなどに気を使ったり、人の声などが急に聞こえても、飼い主さんが慌てるようなしぐさを見せずに平穏なものであると理解させることで、シャイな性格にならないようにできます。

他にはスキンシップも小まめに行い、どこを触っても嫌がったりしないようにしておくこともトレーニングとして大切なことです。

成犬になってもトレーニングが不足したままだと、シャンプーも小まめにしないと突然嫌がったりして、飼い主さんにもジャックラッセルテリアにもストレスが蓄積してしまいます。

ジャックラッセルテリアは活動的で気まぐれだともよく言われますが、ジャックラッセルテリアは気難しいところもやはりあります。

そこを全く意識しないようだとやはり困りますので、ジャックラッセルテリアを飼う場合の基本とも言える、環境への慣れやスキンシップはこまめにしておくことです。

室内でのトレーニングとしては自由奔放にしないでスペースと時間を程よく区切ること、このことは外出した時の事故を未然に防ぐ役割をも果たします。

散歩で思いっきり飛び出して事故にあったら大変ですので、やはり主従関係をはっきりさせながら独立心も養ってあげるのがベストな育て方です。子犬の時からトレーニングやスキンシップを大事にし、いつまでもそばに置いてあげることが一番です。

もしあなたが、ジャックラッセルテリアの育て方や飼育の仕方に悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のしつけ教材を実践してみてください。

遠藤和博先生の教材をしっかりと実践して頂ければ、ジャックラッセルテリアをいとも簡単に手なづけることができるはずです。