ジャックラッセルテリアの散歩の仕方は簡単ですので覚えてください。

TOP > 関連ページ > 散歩の仕方

ジャックラッセルテリア専門ナビ

散歩の仕方

ジャックラッセルテリアはもともと狩猟犬ということもあり、室内で遊んであげるだけでは、運動量を十分に確保することはできません。

ですので、散歩は毎日かかさずにしてあげることが大事です。また、ドッグランなどに連れて行ってあげると、ジャックラッセルテリアはとても喜びますのでお薦めです。

またジャックラッセルテリアはわがままというかメリハリがあるタイプですので、散歩でもしつけをしっかりしておかないと、急に座りこんだりして大変です。

まず、ジャックラッセルテリアを外に出す前に室内で首輪やリードに慣れさせておくとスムーズにスタートできます。首輪はとくに嫌がるケースが多く、慣れさせるには最初はかなり苦労するかもしれません。

首輪の締め付けもあまりきつくないように、ぶら下げるようにはめてみたり、飼い主さんが押さえつけてはめるのではなく、遊びながらはめてあげるのもコツです。

リードも家中や庭の近いところで慣れさせるようにしないと、いきなり引っ張られて怪我をしてしまう恐れも十分にあります。

散歩の基本としては、ジャックラッセルテリアを飼い主さんの左側に位置させること、リードは右手で持って、輪を親指に通してから握りこむのもコツです。指を通さないとコントロールしずらくなります。

また散歩の時間帯はランダムではなく、一定時間に決めておくほうがジャックラッセルテリアもスムーズです。慣れてくると時間がくればせがむようになってきます。

しかし忙しい方はそうもいきません。もちろん我慢してもらうしかありませんし、夏場は朝夕の涼しい時間帯に変更することも必要です。

稀に子犬だからとノーリードで連れ出す方もいます。しかし犬が嫌いな方にとってはたまりません。他には糞をそのまま放置してしまう人、これもマナー違反です。

家族で飼われている場合、よく散歩を交代して糞を持ち帰るのを忘れた、などという話も聞きますが、十分にわきまえておくことが大切です。

もし、あなたのジャックラッセルテリアがなかなかいい子に散歩をしてくれないと、悩みを抱えているのであれば、遠藤和博先生のしつけ教材がとてもお薦めです。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

ですので、遠藤先生の教材があなたのジャックラッセルテリアをいい子なワンちゃんにするきっかけになると思いますので、今すぐ詳細を下記より確認してみてください。