ジャックラッセルテリアを購入するときの選び方や注意点についてお話しています。

TOP > 関連ページ > 購入時の選び方や注意点

ジャックラッセルテリア専門ナビ

購入時の選び方や注意点

ジャックラッセルテリアを購入する場合、ペットショップなどで適当に選んでしまうのは危険と言えます。

子犬とはいってもある程度飼育されて育てられた段階で選ぶことになり、ジャックラッセルテリアの場合、しっかりとしつけがされていないために社会性が著しく欠けていることがよくあります。

やはりここはブリーダーさんの質によりますが、良心的なブリーダーさんであればしっかり教育を受けさせているはずです。つまり、しっかりと教育が出来ていれば初心者の方でも飼えないものではありませんし、両親がいてしっかり育てられた場合は野生のしつけもできています。

たとえば飼い主さんがいくら噛みつきを抑えようとしても駄目だったり、吠え癖もやはり同様です。主従関係を意識できないこともよくあります。

もちろん飼う方から見てある程度の判断も大切です。両親をチェックしたり、兄弟をチェックすることも、またジャックラッセルテリアの消化器官が丈夫であるか、動作の仕方に問題がないか、バランスのよい体格か、また耳が大きすぎないかどうかもポイントです。

この中で動作についてはある程度成長しないとなかなか判断できません。2ヶ月程度経ってから左右に振れながら歩くジャックラッセルテリアは、やはり運動器に問題がありますし、食欲が少ないジャックラッセルテリアも消化器官が弱いと考えられます。

一度ジャックラッセルテリアを飼うと決めたら、大切な家族と同じです。10年以上も一緒に暮らすパートナーですので、飼い主さんの環境もしっかり考えなければなりません。

室内犬として飼う場合は環境をしっかり整備できるかどうか、後片付けや室内の清掃がしっかりできるかなどもポイントです。1人暮らしで飼う方も多くなっていますが、ちょっと忙しくなったくらいで手放すことになるのはやはりかわいそうなことです。

また犬は言葉が使えませんので、飼い主さんにすべてを依存していると言えます。放置してしまえば暴れることになったり、内気なまま育ててしまうことも要注意です。

もしあなたが、ジャックラッセルテリアをしっかりと飼いたいと思っているのであれば、ジャックラッセルテリアを購入すると同時に当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のしつけ法を学ぶことをお薦め致します。

遠藤和博先生の教材は下記より確認することができますので、まずは詳細をチェックしてみてください。きっとあなたがジャックラッセルテリアを飼ってから役に立つはずです。