ジャックラッセルテリアの寿命についてお話ししています。

TOP > 関連ページ > 寿命について

ジャックラッセルテリア専門ナビ

寿命について

ジャックラッセルテリアの寿命は13~15歳と言われています。小型犬ですから大型犬よりも長生きするタイプです。

またジャックラッセルテリアは純血種よりもミックスのほうが長生きするというデータもあるようですが、交配によって元々の性質よりも穏やかになっていることが原因として考えられます。

実際には15歳以上生きるジャックラッセルテリアも多くなっています。これからもっと寿命が延びる可能性も高く、あくまでも現状の目安と考えてください。

飼い主さんとしてできることは、やはり長生きしてもらうように健康チェックを欠かさないことです。特に10歳を超えると徐々に落ち着いてきますし、単に老化による変化だとばかりは言えません。

急に寝込んでしまうようになればやはり病気にかかっている可能性も大です。一緒に生活してきた方は、これからどれくらい生きるのだろう、と徐々に心配になってくるものですが、あまり考えたくないことでも仕方がありません。

飼い主より先に死んでしまうことは初めから分かっていることですので、現実をしっかり受け止めてとにかく愛情を注ぎ、ジャックラッセルテリアを楽しませてあげることです。

ジャックラッセルテリアは他の犬種に比べてかかりやすい病気は少ないほうですが、皮膚の病気についてはそうも言えません。アレルギー性皮膚炎、指間炎、膿皮症などたくさんの病気が考えられますので、常日頃から皮膚を清潔に保つことが大切です。

抜け毛が多いことも関係しますので、ブラッシングをしたりストリッピングをしたりして、皮膚を丈夫に保つことです。シャンプーも犬用のもの、できればやや高価かなと思えるようなものを使ってあげると安心感が高まります。

ストレスをできるだけかけないようにするにはやはり基本はしつけです。留守番などでも落ち着かないタイプはそれだけ長生きできないと言えます。きちんと主従関係を教えてこそ、ジャックラッセルテリアも本当の意味で長生きができることになります。

もしあなたが、ジャックラッセルテリアのしつけで悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のしつけ教材を実践してみてください。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、ジャックラッセルテリアのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間で何でも素直に言うことを聞く、ジャックラッセルテリアに生まれ変わらせることに成功しています。

ですのできっと、あなたのジャックラッセルテリアも短期間で何でも言うことを聞く、ジャックに生まれ変わることができると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックしてみてください。