ジャックラッセルテリアの噛み癖はしつけ方さえしっかりしていればすぐに噛まなくなります。

TOP > 関連ページ > 噛み癖のしつけ方

ジャックラッセルテリア専門ナビ

噛み癖のしつけ方

ジャックラッセルテリアの噛み癖が直らない、噛まれるとかなり痛い、傷にもなる、カーペットはボロボロなど、ジャックラッセルテリアの噛み癖の悩みを抱えている飼い主さんは多くいます。

ジャックラッセルテリアが子犬の時期はごく普通の特性ですので、焦らないでしつけていくしかありません。


しかし、ある程度時間が経っても直らない、しっかり叱ったり犬用ガムなどを与えてコントロールしてもなかなか、という場合は、ブリーダーさんでもペットショップでも、親犬や兄弟犬をすぐに引き離してしまったことが原因として考えられます。

親犬は噛まれたら一瞬で噛み返して痛みを教えるものですし、兄弟ゲンカで噛み合って痛い思いもするはずなのに経験がないとなると、やはり誰かがその痛みを教えなければなりませんが、飼い主さんが噛み返すわけにももちろんいきません。

ですのでそのような場合、徐々に噛まれたら痛いことを教えることが大切です。また連れてきたときからあまりにもちやほやとしすぎるのも噛み癖が残ってしまう原因になります。

特に連れて来てすぐの時はあまりかまわないでルールを教えること、そして徐々にかまってあげることが大切です。飼い始めは仕事を休んでまでかわいがる人も多いようですが、仕事で留守が多くなるのもこれまたやっかいです。

ジャックラッセルテリアが主従関係をしっかり意識できるようにすることが肝心です。ジャックラッセルテリアが子犬の時期はまだ知能面も発達していませんので、根気よく続けることが大切です。

噛んだら言葉にしてだめっ、とか、噛まないっ、など言葉を統一したり、口を閉じてあげて長い間教えるなど、色々と工夫が必要です。

また褒める時もやさしすぎるような方法ではなく、噛まないことを教えながらはり切れるような感じがベストです。手が噛まれても痛くないように、革製の安い手袋を常にはめておくのもコツです。

もしあなたが、ジャックラッセルテリアのしつけで悩んでいるのであれば、当サイトでは遠藤和博先生の教材をお薦めしております。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

またあなたと同じように、ジャックラッセルテリアのしつけで悩んでいた飼い主さん達が、遠藤先生の教材を実践したところ、何でも言うことを聞くジャックラッセルテリアにすることに成功しています。

もし興味のある方は下記より詳細を確認してみてください。きっとあなたのジャックラッセルテリアをいい子にするきっかけになると思います。