ジャックラッセルテリアの下痢や嘔吐の原因を知りたい飼い主さんはこちらをご覧ください。

TOP > 関連ページ > 下痢や嘔吐の原因

ジャックラッセルテリア専門ナビ

下痢や嘔吐の原因

ジャックラッセルテリアを安全に飼うために

ジャックラッセルテリアが下痢を起こした場合、すぐに治ってしまうような一過性のタイプもありますし、長期間続いて痩せこけてしまうような、重度の症状になることもあります。

例えば一例として食事から来るもの、このタイプはもっとも多いとも言われますが、食べ過ぎもあれば散歩途中で悪いものをつまんでしまう、普段から慣れていない人間の食事を食べてしまう、
脂っこいものの摂り過ぎなど様々です。

またアレルギーがあるものも下痢を起こす可能性が高く、フードを変えたときなど特に要注意です。他にはウイルスや細菌が原因になっていることも考えられます。

腸で繁殖を起こすと腸炎を引き起こしたり、病原体を放出するために下痢も激しくなりがちです。犬ジステンパーウィルスや犬パルボウィルス、犬コロナウィルスなどに感染し発症すると症状も酷く、命にも危険が迫ります。

また寄生虫によるものも考えられます。回虫、鈎虫、鞭虫等の寄生虫が腸管に寄生して下痢を起こします。ジャックラッセルテリアを放し飼いにしている場合は特に頻度が高く、散歩などでも他の感染犬の糞を食べてしまって感染したり、じゃれあったりする場合も危険です。

また、ジャックラッセルテリアは嘔吐もよくします。お腹が空いて胃液だけ吐く以外にも様々な危険が考えられます。

例えばジャックラッセルテリアに犬用ガムをあげようとして、飼い主さんの不注意で大きな骨型のガムをまるごとあげてしまい、うまく噛めないほどの大きさのため嘔吐してしまう等もあります。

消化不良を起こしたものがそのまま下からも出てしまうことがあります。嘔吐で出してしまえばとくに問題がなく、衰弱が収まれば復帰できますが、中にはガムや毛、糸くずなどが同時に混ざってしまって、開腹手術にいたるケースも考えられます。

その他、ジャックラッセルテリアが何度も嘔吐してしまうという場合、感染症にかかって飲み込めなくなっていたり、除草剤を飲んでしまう例も多くあります。

吐くようなしぐさだけしても出てこない場合は、胃にとんでもない異物があったり、胃捻転が起こっている可能性が考えられますので、早急に獣医さんに診せることが必要となります。