ジャックラッセルテリアのアレルギーを防ぐ方法をお伝えしています。

TOP > 関連ページ > アレルギーについて

ジャックラッセルテリア専門ナビ

アレルギーについて

ジャックラッセルテリアは他の犬種より病気が少なく、発症率が低いと言われていますが、皮膚に関する病気はそうでもありません。

皮膚の病気の代表として「皮膚炎」があります。原因としては食物、アトピーと同様に免疫系の異常による反応として起こり、その引き金となる食物を食べることでかゆみが出ます。

かゆみは皮膚から化学物質が放出されることで起こりますが、ひどいとしょっちゅう爪で引っ掻いてしまったり、かゆみを通り越して舐めてしまうなど散々です。発疹もあり、多くの場合耳や鼠径部に見られます。

もちろん食事内容には要注意です。低アレルゲン食を基本としたり、ちょっとでも回復するようであればアレルゲン特定にも要注意です。

ドッグフードにもアレルゲンを慎重に考慮したものがありますが、アレルゲンを特定するまでは手作りにしておき、栄養分もしっかり考えたものを与えることが必要です。

食事の他には、芝生アレルギーにかかるジャックラッセルテリアもいます。ジャックラッセルテリアが芝生アレルギーにかかると、足部分の毛がごっそりと落ちてしまうことがよくあります。

毛が無いために他のものに触れるにも敏感になり、また症状が長く続くと痛みも発します。そうなると散歩もなかなかできなくなります。外出すれば芝生があちこちに出ていたり、症状が酷くなっては大変です。

アレルギーでは普段からどのようなケースでジャックラッセルテリアがかゆみを訴えるかがポイントです。散歩の後であれば雑草が付着していたり、食後も観察を徹底し、爪が伸びていた場合も爪の汚れによる皮膚病が考えられます。

また痒みはなかなか引きませんが、かきはじめたらできるだけ他のことに意識を向けさせることが大事です。運動でもいいですし、ちょっと窓を開けて換気をしたり、ちょっとした工夫を続けることで痒みの感覚は小さくなるものです。

あまり掻きすぎたらかかないように止めてあげたり、飼い主が手袋などをして優しく掻いてあげるのも良い方法です。どちらにせよ、ジャックラッセルテリアがアレルギーの症状を訴えたら、出来るだけ早く獣医に診せることが重要です。